*

つむじハゲ

つむじハゲは坊主頭にした方が良いのか?坊主頭のメリットについて考察した!

一般的に坊主頭はつむじハゲを隠すのに最適と言われます。
しかし坊主頭にすると本当に頭頂部の薄毛を隠すことができるのでしょうか?

また坊主頭にするのは結構勇気のいることですが、坊主にする前にどのようなことに注意すれば良いのでしょうか?

・坊主頭にすることでメリットはあるのでしょうか?
・坊主頭の注意点と対策はどうなっているでしょうか?

思い切ってスキンヘッドにした場合のメリットとデメリットは何でしょうか?

今回はつむじハゲを隠すための髪型として、坊主頭とスキンヘッドを取り上げてその良い点と悪い点について考えてみたいと思います。


スポンサーリンク

つむじハゲに坊主頭はいいのか

頭頂部が薄い人が坊主頭にすると目立たなくなりますか?
こういった質問は結構多いと思います。

では本当に坊主頭がつむじハゲにはベストなのでしょうか?

坊主頭にするときの悩みについて

・「後頭部が絶壁だしなあ」
・「髪の毛少ないのバレるし。」
・「余計髪の毛少ないのがいるじゃん。」
・「いきなりはちょっと。」
・「会社で何か言われるんじゃない?」

このような悩みがあって一歩を踏み出す勇気がない人はいると思います。
しかし一歩さえ踏み出せば意外と坊主は受け入れられやすいですよ。

多くの人が髪の毛が薄くなってきたけども「坊主頭になって大丈夫なのかな」と悩んでいる人は多いようです。

実際に薄毛やハゲで悩んでいる人は、坊主頭にはしたくないと必死に延命処置をしていらっしゃる人もいます。

実際ハゲ男も坊主頭にするか、スキンヘッドにするか、悩んだ時期がありました。
しかしハゲ男が若かりし日は、坊主頭もスキンヘッドも社会的地位を得られていませんでした。

さらに後頭部が絶壁なのでどうしても坊主頭には踏み切れませんでした。
高校野球に憧れていましたが、坊主頭が嫌で断念したぐらいですから・・・

ですから薄毛になったからといって坊主頭やスキンヘッドにする勇気がない人の気持ちはよくわかります。

それからの日々というものは地獄の日々でした。
毎日夢でうなされるほどハゲ頭には悩まされました。

結局社会的状況と個人的な理由でかつらを選択しました。
あの頃スキンヘッドが受け入れられていればそうしていたかもしれません。

ハゲ男は営業マンでしたのでやはりスキンヘッドには抵抗があったのです。


スポンサーリンク

坊主頭にしたらどうなるか

坊主頭にしたら不思議と良いことばかりが起こるようになります。
ハゲ散らかしていた時には不潔なイメージが漂っていました。

しかし他人の目からは、おしゃれで清潔感がある髪型として認められました。
また坊主の経験値が上がってくると、ハゲの時のような後ろ向きな態度はなくなり何事も前向きに捉えられるようになります。

またファッションに気を使うようになったり、体を鍛えたり更にいい男に磨きをかける楽しみが増えるようです。

坊主にするなら何ミリが一番良いのか

通常薄毛というのは、髪の毛の生えている部分と生えていない部分の差が少ないほど目立たなくなります。

ですから(>6mm>3mm>1mm)>スキンヘッドという順番になります。
スキンヘッドは文字通り髪の毛を剃り上げるわけですから、髪の毛の長さの境界がわからなくなり一番薄毛が目立ちません。

しかしハゲ男がそうだったように、サラリーマンとしてはそこまでも踏み込めない人がほとんどです。
そこで目立たない長さというのを探さないといけないのです。

それでは、何mmの長さにすれば丁度良いのでしょうか?

かっこいい坊主になりたいのであれば、バリカンで3 mm から6 mm をキープすれば良いでしょう。

美容室や美容室を利用してカットに行けばいいのですが、料金がバカにならないので自分でやってしまうのも手です。

バリカンを購入すると、付属のアタッチメントが付いており刈り高を設定できます。
高級なバリカンになると自動で刈り高を調整する機種もあります。
たった1 mm ですごく見た目が変わりますのでいろんな長さを試してみるのも良いでしょう。

坊主頭は日焼けしても大丈夫なのか?

夏は屋外で海水浴をしたりサーフィンをしたりする人もいますが、坊主頭のまま日焼けしても大丈夫なのでしょうか?

当然髪の毛を薄くしているわけですから直接日光が当たります。
そうすると当然日焼けしますけども、実際によく焼けるのは一番上にある部分です。
つまり頭頂部ということになります。

頭頂部が集中的に日焼けをすると火傷起こしてヒリヒリしてきます。
当然枕が頭に当たって寝ることもできません。

シャンプーで頭を洗うこともできず、しばらくすると痒くなり皮が剥けてきます。
そうならないためにも頭頂部には日焼け止めを塗っておきましょう。

坊主頭のメリット

坊主頭にすることをためらっている人に、坊主頭のメリットについて考えてみたいと思います。

まずは日々の頭皮ケアが楽になるということです。
ドライヤーを使って髪をセットするとこともありませんし、育毛剤は頭皮に直接届きますし快適です。

頭髪に使っていた費用が安くなるということです。
今まで使用していたワックスや美容院代がかからなくなります。

そして朝の時間が短縮できます。
朝の忙しい時間に髪型がなかなか決まらなかったりすることがありますが、坊主頭の場合それがありません。

また出先でも、髪の毛が乱れていないか気にしないといけないのでとても大変ですが、坊主頭になるとそういった心配はありません。
坊主頭にしたら分ける髪もありませんし乱れる髪もありません。

年間だとどのくらいの時間を節約することができるでしょうか?
時は金なりと言いますが時間は大切なものです。

坊主頭にしたら髪型を自由にする楽しみは無くなりますが、キャップやハットやニット帽等をおしゃれに被ることができます。
ぺっちゃんこになる髪もないので気にせず帽子が脱げます。
やはり坊主頭は被り物が似合います。

そして女性にも評判が良いようです。
中途半端な薄毛よりも坊主頭は潔いということで評判も上々です。

バーコードハゲよりも坊主頭の方が断然かっこいいのではないでしょうか?



スポンサーリンク

坊主頭の良い点をまとめてみました

・シャンプーは簡単になり泡立ちは良くなる。
・朝から髪をセットする必要がない。
・寝癖がつかない。
・もちろん髪型は乱れない。
・清潔感が半端ない。
・雨風に強い。
・ドライヤーはいらずタオルドライでOK!
・髭を伸ばすなら相性は抜群。
・髪型にあれこれ悩む必要はない。
・バリカンでカットできるのでカット代が浮く。

主なものでもこれだけのメリットがあるのです。
坊主頭は最高ですよね。

スキンヘッドという選択

薄毛がかなり進行した人は坊主頭では薄毛が目立つ可能性があるので、スキンヘッドにしてみるのも良いかもしれません。

スキンヘッドにするのにはかなり抵抗があると思います。
覚悟ができている人だけしてください。

スキンヘッドをお勧めできる人は?

・髪の毛がかなり禿げている人
・お金がある人
・美容室にまめに行ける人
・目立ちたい人
・髪の毛が鬱陶しくてたまらない人

これは職業柄OKなとこ、NGなとこ出てくるでしょう。

スキンヘッドにすると頭部全体を剃ってしまうので、周りから見てもつむじハゲがわかりにくくなります。
坊主頭だと頭の上から覗かれてしまうと髪の毛の薄い部分と濃い部分の境目がはっきりしてしまいます。

思い切ってスキンヘッドにすることによってその問題も解決することでしょう。

スキンヘッドにすることのデメリットについて

スキンヘッドは結構手間もお金もかかります。
美容院だと一週間に1回程度は髪の毛を剃りに行きたいものです。
そうすると結構な費用がかかってしまいます。
会社によっては OK なところNG なところが出てくるでしょう。

坊主頭にリンスのは必要なのか!?

リンスの役割とは、頭皮がアルカリ性になったものを弱酸性に戻す役目と髪の毛の指の通りを良くすることです。

しかし現在では弱酸性のシャンプーが発売されており、しかも髪の毛自体ないので指通りを気にすることもありません。
よって坊主頭にリンスは必要ないでしょう。

坊主頭のシャンプーの仕方

坊主頭も普通の紙があるようにシャンプーをしてください。
注意したいのは髪の毛がある人と違って、直接頭皮にホコリや花粉や黄砂などが付着してしまいます。

ですから頭皮の脂で泡立ちが悪いので頭皮を2回は洗ってください。
そしてシャンプーが終わった後は、毛穴に入ったシャンプーを落とすようにしっかりと洗い流してください。


スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

坊主頭や特にスキンヘッドにすることについては、印象がガラッと変わってしまいますので勇気のいることです。

職業によっては NG になる場合もありますし、頭皮に直接日光が当たりますので頭皮の日焼けにも注意が必要です。

坊主頭スキンヘッドにはメリットが多くあります。
やはり髪の毛がないので手入れが簡単ということと、理容室に行く必要がないので費用が安く済む、あるいは髪型を気にする必要がないということです。

スキンヘッドの場合は、手入れが面倒なので美容室に行く人が多いと思います。
そうすると結構な費用がかかるので注意が必要です。

中途半端にハゲ散らかしているよりは、坊主頭やスキンヘッドの方が潔いので女性にも受けがいいようです。

あなたも薄毛に悩んでいるようでしたら、坊主頭にしてみるのも良いのではないでしょうか?

私の記事が参考になりましたら幸いです。

-つむじハゲ