ハゲ薄毛対策課

ハゲてしまったからと言って諦めてはいけません!一緒に対策を考えましょう。

*

かつら

かつらはどのくらい持つの?平均寿命と破損して脱毛する理由を知ろう

かつらは結構高い買い物になります。

ですからなるべく寿命を長く伸ばしたいものです。

ハゲ男のカツラは頭皮にテープで固定するタイプですが、ふちが分厚いので2年もっています。

でも最近もっと自然な薄いタイプを購入しましたので、それはすぐにダメになるかもしれません。

カットしてくれる理容院の勧めで義理とかあって分厚いタイプを使用していました。

それが失敗の元でした。

不自然すぎて、ほぼばれてしまったのです。

丈夫で長持ちなんですが、額や分け目を出せないので不自然なのです。

出来れば自然に見えて長持ちするカツラを選びたいものです。

その人の好みや使用状況によって選ぶかつらも変わってきますが、選んでしまった後は工夫をしなければ長持ちはしません。

どうやったらカツラの寿命を延ばせるのか考察していきたいと思います。


スポンサーリンク

カツラ、ウィッグの寿命が短くなる原因は?

一般的なかつら・ウィッグの寿命

まずは一般的に言われているかつらの寿命をまとめてみました。

種類 寿命
通常のかつら・ウィッグ (一般的な通常のオーダー・既製かつら)  約2~4年
極薄フィルムかつら (繰り返し使用可能品)  約3ヶ月~半年
極薄メッシュかつら (繰り返し使用可能品)  約3ヶ月~半年
使い捨てかつら (粘着剤一体型や粘着剤付け毛等)  約2~3週間

出典:http://www.hairporter.com/wig_research/lifecycle_of_wig

毛髪の劣化

人毛、人工毛など毛髪にはいろいろ種類がありますが毛髪を痛める原因はいろいろあります。

ドライヤーやコテなどによる熱

毛髪を無理に引っ張る

年数経過による痛み

髪の毛を繰り返し染め直す

毛髪の変化

毛髪が変色する

特に人毛は色あせが顕著に出るので黒かった髪の毛も赤くなってしまう事があります。

毛髪のちぢれ

人工毛はドライヤーなどで熱を加え続けると縮れてしまう事が多いです。

毛髪が痛む

屋外で紫外線を浴びたりドライヤーなどで熱を加え続けたりするともろくなってきて髪の毛が切れやすくなってきます。

ベース部分(ネットやメッシュ)の劣化

日常の取り扱いや無理なブラッシングによってベースに無理な力が加わる事で劣化が起こります。

他にも増毛や修繕を繰り返しているとネットが弱くなってきます。

もちろん長く使えば使うほど傷んでくるのは当たり前の事です。

テープ貼り付け部分の破損

テープを貼り付ける部分には、剥がしたりするときに結構力が加わるのでしっかりと作ってあることが多いです。

しかし長い間使用しているとヒビ割れとか剥離してしまいます。

使用状況や保管状況にもよりますが、なるべく力が加わらないようにテープはいきなり無理やり剥がさないで、剥離剤などでゆっくり剥がすようにしましょう。

ハゲ男のかつらはかなり丈夫に作ってあったらしく、全く問題ありませんでした。

変色すらしていません。

でも今度のかつらは極薄で軽量に作ってあるので1年持たないでしょう。

でも購入価格が3万円程度なのでそれでもいいんです。


スポンサーリンク

植毛部分の脱毛

「かつらの植毛部分が脱毛した」というのはよく聞く話です。

かつらを長い間使用しているうちに植毛しているところの結び目や毛髪の劣化によって簡単に毛髪が抜ける状態になることがあります。

また再植毛すれば脱毛の問題は解決するのですが、本体の植毛部自体が弱くなっていることがあると、かなりの費用がかかります。

ハゲ男もかなり前にかつらをスペアにと3個作ったことがあります。

そのうち一つは使わない間に毛髪が全部抜けてしまいびっくりしたことがあります。

保存状態が良くなかったのかもしれませんが、やはり自然に生えている状態ではなく栄養は行き届かないので抜けるのは仕方のないことですね。

どうしたら長持ちするの?

シャンプー時に髪の毛を絡ませないようにする

ハゲ男も経験があるのですが、髪の毛の量があまりにも多いかつらですと不用意にもみ洗いしてしまうとすぐに絡んでしまいます。

一度絡んでしまうとほどくのにかなりの時間と労力を要します。

シャンプーをするときはぬるま湯を入れた洗面器の中にシャンプーを溶かしこみます。

かつらをお湯につけブラシで解かすように洗浄しましょう。

ヘアケア製品の乱用はダメ!

スタイルを決めようとワックスやヘアスプレーを使いすぎる人がいます。

あまりにも使いすぎるとかつらの痛みや劣化が早くなります。

かつらの為にも頭皮の為にも悪い行為なのでやめましょう。

また整髪料を使った後はその都度シャンプーを使って落としましょう。

水に濡れたら

突然の雨やスポーツした後の汗は要注意です。

濡れてしまって髪の毛のボリュームが減ってしまい乾くまですぐには戻りません。

雨の日はハンカチなど濡れた時に水分を拭きとれるようなものを用意しておきましょう。

湿気るとカールしてしまいますがそこで慌てて整髪料など使わないようにしましょう。

おうちに帰ってからきちんとお手入れをしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

かつらを買ったからにはなるべく長く使いたいものですね。

普段のお手入れの方法や使用状況で寿命は変わってきます。

長持ちするポイントを押さえて使用することで更に寿命が延びますね。

更にお手入れ方法によってはもっともっと長く使えるものです。

ハゲ男は通販で激安のかつらを以前から購入しています。

そのかつらはつけっぱなしではなく外しているのですが、寿命があまり持ちませんでした。

今回検証したことで自分のかつらをどうしたら長持ちさせる事が出来るかわかったので実行していきたいと思っています。

あなたも、ぜひかつらをお持ちでしたら、せっかく買った高価なかつらですから大事にしてあげてくださいね。

私の記事が参考になりましたら幸いです。



スポンサーリンク

 

 

-かつら