ハゲ薄毛対策課

ハゲてしまったからと言って諦めてはいけません!一緒に対策を考えましょう。

*

女性の薄毛

生え際や髪の分け目が薄い女性が増えた?

2016/12/03

若い女性にも多い生え際の薄毛

薄毛は男性だけの悩みではなく、女性も同じように悩んでいます。

それが若い世代だと、特に深刻な悩みになります。

よく生え際とか髪の分け目が薄い女性を見かけますが、女性の薄毛の特徴なのでしょうか

 

加齢による脱毛で薄毛になる女性が多い中で、若い女性にもこういう悩みを抱えている方が増えてきました。

女性の生え際の薄毛について、原因や対策を考えてみましょう。


スポンサーリンク

女性の前髪が薄くなる原因

生活習慣の乱れ

栄養バランスの悪い食事好き嫌いの多い人不規則な食生活ダイエットなど特に若い女性は無理な食事制限などしてしまい、栄養が行き届かなくなることが多いようです。

あと喫煙や睡眠不足パソコンやスマホの見過ぎで眼精疲労を起こすと周辺の筋肉が緊張して血流が悪くなり髪の毛に悪い影響を与えます。

悪い生活習慣はいますぐ改めましょう。

牽引性脱毛症

これはポニーテールや編み込み型の髪型頭のてっぺんにお団子を作ったりしている人は無理やり髪を引っ張ってきて頭皮を痛めている可能性があります。

 

強く髪を引っ張るようなスタイルはなるべく避けたり、毎日続けてしないようにしましょう。

しばる際にはゆるく束ねるようにしたり、分け目を定期的に変えたりするのも予防になるでしょう。

とかく前髪を上げているヘアスタイルの方に薄毛の方が多いように思います。

ヘアケアやパーマ

ヘアスタイルを決める為に、アイロンで引っ張ってセットしている方がいますが、髪の毛にいいわけないです。

しかもドライヤーを頭皮に近づけて熱風を吹き付けている方がいますが、頭皮にいいわけないです。

またシャンプーやスタイリング剤は生え際に残りやすいので、毛穴がふさがり抜け毛の原因となります。

女性の皆さん、オシャレのためのパーマやカラーが、生え際の気になる女性の薄毛の原因になっている場合もあるとわかって頂けましたか?

オシャレを諦める必要はありませんが、なるべく髪や頭皮に負担をかけないように心がけるだけでも違うはずです!

大切な髪や頭皮をいたわってあげましょうね!

帽子のかぶり方が悪い

夏でも帽子ファッションの為に、ニット帽をかぶってらっしる人がいます。

長時間かぶっていると蒸れて雑菌などが増えて頭皮にいいわけないです。

こまめに汗を拭きとるようにしましょう。

しかもきつい帽子でしたら、血行不良になってしまい髪の毛に栄養や酸素が行かなくなり抜け毛の原因となります。


スポンサーリンク

女性の生え際の薄毛対策

生活習慣を見直す

普段の生活で治せるところから治していきましょう。

ストレスをためないほうがいいですが、気分転換でカラオケとか友達とショッピングなど発散する工夫が必要です。

夜更かし・睡眠不足は、なるべく早く寝て早く起きるような習慣をつけましょう。

仕事などは脳の働きがいい朝早くのほうが、はかどったりします。

偏った食生活好きな物ばかり食べないで、まんべんなく食べるようにしましょう。

 

運動不足でしたら、毎日歩いたりジョギングしたりジムに通うのもいいかと思います。

ヘアスタイルの見直し

髪の毛を無理に引っ張るようなヘアスタイルはやめて、いっそのことショートヘアーに挑戦したらいかがでしょうか?

なかなか続けてきたヘアスタイルを変えるのは勇気のいる事だと思いますがイメージチェンジになるし、何より頭皮の為です。

とにかくポニーテールや編み込みなど頭皮を引っ張る髪型はやめましょう。

シャンプーやスタイリング剤の使用について

前述しましたが、生え際ってシャンプーやスタイリング剤などを洗い流しても残ってしまいがちです。

 

 

そして毛穴を塞いでしまい毛髪の成長を止めてしまいます。

パーマもヘアカラーもほどほどに、使用したら必ず良く洗い流すようにしましょう。

帽子のかぶり方について

特に夏には紫外線が強いので、帽子をかぶることは薄毛には効果があります。

紫外線は直接当たると火傷みたいになるので頭皮が傷んでしまいます。

しかし長時間かぶりますと、逆に蒸れたり雑菌が繁殖して頭皮に良くないです。

なので汗はこまめに拭いたり、通気性のいい帽子やきつすぎない頭を締め付けない帽子を選びましょう。



スポンサーリンク

生え際が薄い女性の方へ

薄毛の原因が分かりましたでしょうか?

近年女性の薄毛が問題になってきました。

コマーシャルでも女性のための育毛剤とかシャンプー、果てはウィッグなど女性をターゲットにした商品が増えてきました。

何をさておきまず予防が大切です。

薄くなってからでは回復するのに時間が掛かりすぎます。

早ければ早いほどいいです。

日頃から髪の毛や頭皮にいいことを考えながら過ごしていきましょう。



スポンサーリンク

-女性の薄毛