ハゲ薄毛対策課

ハゲてしまったからと言って諦めてはいけません!一緒に対策を考えましょう。

*

ハゲ ハゲ治療改善

亜鉛の育毛効果は絶大!亜鉛の上手な取り方教えます。

2017/05/08

ハゲ男は過去に冗談抜きで、若芽を食べたら髪の毛が増えると雑誌に載っていたので一生懸命毎日若芽を取っていたことがあります。

亜鉛も髪の毛に良いそうですね。

あなたは亜鉛が育毛に良いと聞いて検索してこのサイトにたどり着いたのでしょうか?

分かりますよ藁をもつかむその気持ち!

では亜鉛が育毛に良いという理由を考察していきたいと思います。


スポンサーリンク

髪の毛の主成分ケラチンを合成する時に必要な亜鉛

髪の毛を形作っている成分は、「ケラチン」というタンパク質です。

ケラチンとは髪の毛のほかに爪や皮膚の角質層を形成する成分で、グルタミン酸、シスチン、ロイシン、アルギニン酸など十八種類のアミノ酸が集まってできたものです。

牛乳、レバー、お肉や魚などのタンパク質を食べて、タンパク質が体の中でアミノ酸に分解され、そのアミノ酸がケラチンという物質に合成されるのです。

そのケラチンの合成に必要な栄養素が亜鉛ということです。

つまり亜鉛を摂取しないと、いくらタンパク質を摂ったとしてもケラチンが合成されず結果的に髪の発育に悪影響を及ぼすということになります。

亜鉛の摂取について

亜鉛を含む食材には何があるの?

牡蠣には亜鉛が豊富に含まれているということは有名な話です。

牡蠣=亜鉛といっても過言ではないほどですね。

玄米にも亜鉛が含まれています。

白米にしてしまうのがもったいないです。

白米に少し混ぜて摂取しましょう。

亜鉛は一日どれくらい摂取したらいいの?

亜鉛の一日の必要摂取量は男性で約12mg、女性で約9mgと言われています。

一番亜鉛を多く含む牡蠣でも5~6個ですが毎日牡蠣を食べるわけにはいきませんね。

食材から一日の摂取量を補うことは難しいのでサプリメントを上手に利用することが必要です。

現在1日の平均的な亜鉛の摂取量は男性で8mg、女性で7mgですが、これでは少し足りていませんね。

これはあくまでも健康を維持するための最低限の数値であり、育毛となると1日の平均摂取量を上回る量を取らないといけません。

でも取り過ぎは注意が必要で、30mgが限度と言われています。

亜鉛の摂り過ぎは注意!

前述したように亜鉛の摂取量には注意しなければなりません。

過剰摂取しますと、急性亜鉛中毒を引き起こします。

発熱、頭痛、めまい、嘔吐、胃痛、貧血などの症状を引き起こします。

牡蠣の食べ放題とかで大量に食べてしまわないように注意しましょう。

サプリメントは事前に含有量を調べておいて、摂取しすぎないようにしましょう。

薄毛を予防しようとした結果、健康を阻害し発毛に悪い影響を与えてしまったということがないように注意しましょう。


スポンサーリンク

亜鉛の吸収を阻害する食材とは

●牛乳、プロセスチーズなどのカルシウムを含む食材

●小麦、米ぬかなどフィチン酸を含む食材

●インゲン、納豆など食物繊維を含む食材

●ホウレンソウ、たけのこ、さつまいもなどシュウ酸を含む食材

●紅茶、緑茶など担任を含む食材

亜鉛の吸収を助ける食材とは?

腸管からの亜鉛の吸収率は約30%と言われていますが、5~10%あるいは20~40%と実際はかなりばらつきがあるようです。

どちらにしろめちゃくちゃ吸収率の低いミネラルということです。

クエン酸:梅干しやレモンなどに含まれる。亜鉛などのミネラルと一緒に取ることで体に吸収しやすくします。

この作用を「キレート効果」といいます。

ビタミンC:クエン酸のキレート効果を高める働きがあります。

というわけでクエン酸とビタミンCを同時に摂取すれば亜鉛の吸収率はかなりUPするということです。

動物性タンパク質:肉や魚類に含まれる動物性タンパク質を積極的に摂取することで亜鉛の吸収率を高める事が出来ます。

更に亜鉛の吸収を阻害するフィチン酸や食物繊維の働きを低下させる作用があります。

 

亜鉛不足の原因について

乱れた生活習慣によって体内から亜鉛は失われていきます。

亜鉛を消費してしまう原因とは

●酒の飲み過ぎ

アルコールの分解に亜鉛が使われるのでどんどん亜鉛が減少してしまい育毛に悪影響があります。

●喫煙

タバコを吸うと活性酸素が発生しますが、その活性酸素を分解を助ける作用が亜鉛にはありますから喫煙すればするほど亜鉛は欠乏していきます。

●疲れ、ストレス

疲れやストレスがたまると活性酸素が蓄積され亜鉛が消費されます。

●射精

射精をすると亜鉛が体外に出てしまうようです。

自慰行為はやりすぎないように適度にしたほうが良いかもしれません。

日本人男性の亜鉛不足の原因とは?

現代人は亜鉛が不足していますが、原因としてコンビニや外食など食生活の変化で栄養が偏ってしまった事があります。

スナック菓子やファーストフードのはフィチン酸が含まれており亜鉛の吸収を阻害してしまいます。

亜鉛は体で作る事が出来ず食事でとるしかないので、吸収を阻害しない食事をここら掛けていくことが大切です。



スポンサーリンク

なんと!亜鉛欠乏症が薄毛の原因だった?

亜鉛欠乏症の人だけが薄毛になる

ずっと亜鉛不足が育毛に悪影響を与えていると書きましたが、実際のところ薄毛になった人が亜鉛不足なのかといえばそうでもありません。

亜鉛欠乏症といった症状を引き起こした時に抜け毛が増えたりして薄毛の原因になります。

亜鉛欠乏症になると下痢が続いたり、味覚が分からなくなったり、抜けがが増えたりする症状が現れます。

したがってただの亜鉛不足では薄毛の原因になりにくく、亜鉛欠乏症になったときに薄毛の症状が現れるということです。

通常の食生活では亜鉛が不足して薄毛になるということはなく、かなり偏った食生活をしないと亜鉛欠乏症にはなりにくいと言われています。

亜鉛は髪の毛にとって必要な栄養素ではありますが、亜鉛をたくさん取ったからといって髪の毛が増えるということにはなりません。

では亜鉛を取る意味ってあるのでしょうか?

でも亜鉛には薄毛を遅らせる効果がある

男性型脱毛症(AGA)ほとんどの薄毛の原因がこれですが、男性ホルモンの影響が深く関係しています。

男性ホルモン(テストステロン)は5αリダクターゼという酵素の働きによってジヒドロテストステロン(DHT)という悪玉の男性ホルモンに返還されてしまいます。

これが薄毛の原因を作るわけですが、亜鉛にはこの返還を阻害する働きがあるということが分かっています。

つまりAGAを遅らせる効果があるということです。

亜鉛は抜け毛に悩む男性にとってはとても大事な栄養素ということが言えると思います。

亜鉛で髪の毛を増やすことはできませんが積極的に亜鉛を摂取していくことで薄毛を遅らせる事が出来ます。

亜鉛はサプリで補おう

亜鉛は薄毛にとって大事な栄養素ということは分かりましたよね!

では亜鉛の摂取には食事だけでは間に合わないという話を最初にしましたがそこで積極的にサプリを摂取する必要があります。

亜鉛サプリ!初心者がコスパで選ぶなら

手軽に取れるものでしたらDHCの亜鉛サプリメントがおすすめです。

1日1粒ですから1日当たり9円になりコスパは絶大です。

ジンクエナジーという医師がAGAの治療をするために使用しているサプリメントがあります。

これは2か月分で8500円するのですが、専門の医師が使っているサプリメントですので信頼感絶大です。

亜鉛が抜け毛対策には重要な栄養素ということの判断がなされているということです。

薄毛対策と育毛効果を期待するなら

亜鉛はそれ自体は発毛や育毛効果はありませんが発毛や育毛の目的でサプリメントを取るならチャップアップがおすすめです。

チャップアップご購入はこちらから

亜鉛とノコギリヤシの組み合わせで亜鉛の吸収を助けたり相乗効果で発毛を促す効果があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

亜鉛が髪の毛にとってとても大事な栄養素ということが分かっていただけたと思います。

ハゲ男も若い頃にこのような記事を読んでいたらハゲずにすんでいたかもしれません。

この記事にたどり着けた方は本当に幸運だと思います。

規則正しい生活をして必要な栄養素をしっかりとれば薄毛が進行することはないと思います。

普段の食事+サプリメント上手にとってくださいね。

私の記事が参考になりましたら幸いです。



スポンサーリンク

-ハゲ, ハゲ治療改善